2017-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »
▼全記事一覧表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「FF7アドベントチルドレン」観たよ!

ちょ…何から書いていいのやら。
FF7だいすき!!

まずは映像のクリアさに驚いた。
背景にしろ、キャラクターにしろ質感はもの凄くリアルなんだけど、CGっぽさが抜けない程度のリアルさで程良い感じ。
もうね、キャラクター達かっこよすぎなんですよ。うひょひょ。

ストーリーは全体を通して、テンポがすごい速い。
そんななか、レノとルードのタークスコンビが大活躍してくれる。
彼ら2人は完璧にお笑い担当キャラになっていて、アクションシーンで疲れた合間のほどよい息抜きになる。
彼らはゲーム版でもお茶目な所はあったけど、まさかここまで笑わされるとは!ぷぷぷ!

ただ、アクションシーンになるといきなりおかしな世界が繰り広げられる。
よくいえばスピード感抜群!
…なんだけど、速すぎてなんか、「がちゃがちゃびゅんびゅんやっとるなー」くらいの印象しか残らないのが残念。
重力は無視され、ありえないほどジャンプしまくるのもやっぱり違和感あったし…
元がゲームで、しかもこの作品自体もフルCG映像なので、実写ではあり得ない見せ方をしたいというのも分かるんだけど、
それならそれで、もうちょっと斬新なカット割りやアングルを期待してしまった。
スピードで誤魔化してる感じがしてもったいなかった。

以下、まだ続きます。
キャラクターの声:
全体的に違和感はなかった。
ぼそぼそしゃべるシーンが多いのだけれど、設定すれば日本語字幕付きで見られるので良かった。
特に、ヴィンセントは格好良すぎるくらいカッコイイ!
心配だったレノのあの口調も不思議と違和感を感じなかった。

BGM:
ほとんどがゲームで使用されていた楽曲のアレンジ版。
懐かしいメロディで、自然と音楽とキャラクターが結びつく。
ロック調のアレンジが多く、ACの世界観にハマっている。
片翼の天使はさすがでした! シンフォニックな神々しさとロックが見事に融合してましたよ!

テーマソング(氷室):
こ…これは必要だったのか??
まさか名曲「FINAL FANTASY」の後に聴かされるとは思ってもなかった。
せっかくのエンディングの余韻が台無し。

ストーリーの感想的なことをいうと、素直に楽しめた。
懐かしいキャラクター達が出てきて、動いてしゃべってるだけでも嬉しかったし。
「バハムート・震」とのバトルとか全員集合って感じで良かった。
てか、シドの走り方最高!(笑)
みんなバトルシーンでは時々さらりとリミット技っぽいのも使ってるし!
セフィロス戦の1人ナイツオブラウンド(笑)もびっくりしたよ!何?あの剣!

ストーリー的に残念だったことは、説明不足っぽい部分が多いこと。
バトルシーンが多く、途中からマンネリ感を感じてしまうこと。
あるべき「間」がことごとくカットされていて、その分バトルシーンに振り分けた感じ。
あと、仲間キャラクターたちにもうちょっと活躍して欲しかった!

まぁ、なんだかんだと文句も言ってるけど、すごく楽しめました。
まだコメンタリー音声とかでは観てないんで、もうしばらく楽しめそうです。
FF7だいすき!
あぁ、次はこのクオリティでゲームがやりたいなぁ。
スポンサーサイト

HOME |

FC2Ad