2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »
▼全記事一覧表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「容疑者 室井慎次」を観てきたよ

躍るシリーズのスピンオフ作品「容疑者 室井慎次」を観てきましたよ

正直なところ、眠たかった!
盛り上がりにかけるというかなんというか…
今回は脚本が本当につまらなかった。薄っぺらすぎる…
重い話にするならするでもっと考え込めるような脚本だと良かったのにな
あと妙な間とお粗末なCG合成のせいで余計にだらだら感が…

あ、今回はエンドロールは何もなしでしたよ
恒例のスナップ写真や最後にワンカットでも何か無いかと期待してたんだけど
ほんとになーんもなかったので寂しかった
劇場内でも所々で「何も無しかよ」というような声が…
みんなアレは結構楽しみにしてるんだなと…

以下感想つづきとネタバレ考察
今回の事件に関してはしょーもないので特に感想はありません(爆)

躍るシリーズ的にはなんといっても
スリーアミーゴスの登場シーンが印象的
劇場内でも彼らが映った瞬間笑いが(笑)
全体的に重い雰囲気のストーリーの中、唯一和めるシーン
そのシーン内で、あの2人の結婚式が一ヶ月後だとか
和久さんも室井を心配してるだとか
あぁ。そっか。この躍るの中ではちゃんと和久さん生きてるんだなぁと…
ちょっと一瞬しみじみしたけど、普通は青島やすみれが面会に来るだろうよと突っ込みたかった。。
キャスティング的に彼らを出せないのは分かるけど無理がありすぎる…

あと、沖田(真矢みき)
躍る2ではあんなに嫌な女だったのが
今回は、どえらい男前な人になってます

※この先、相当なネタバレだと思うので要注意
ところどころでチラチラと次回以降の作品のための
重要なんじゃないかと思われる伏線が…
とりあえず反転しとこう

結局、 大杉漣は何だったんだろう
おそらく、あのFAXを流したのは彼だよね?
でもそれだけ?
あんな登場の仕方したくせに何にも絡んでなくて
結局謎な存在だった

追記:大杉漣は映画1作目に出ていたんですね…
この記事のコメント欄にて教えて下さったアサネさんありがとうございました。
早速、観直してみましたよ。
それでああいう登場の仕方だったのか…
ということはFAXは素直に灰島サイドで流したととっていいのかな…

それと…
灰島(八嶋)がやっていた携帯ゲーム機にクモのキーホルダが付いてましたよ。
例の真下の地下鉄事件の犯人の車でもクモのキーホルダがちらちら映ってましたよね。
その事件は結局、犯人が爆死。死体は残ってなかった…
というなんとも後味の悪い終わり方だったので、
もしかするとあの事件は灰島が犯人かも。
だとすると、次は灰島を「ボク」呼ばわりした沖田(真矢みき)が危ない気がするなぁ…


最後にひとこと。
哀川翔はやっぱり滑舌が悪い。何言ってるかちっともわからんかった。
スポンサーサイト

HOME |

FC2Ad